keibaaeed

最近外れまくっているので色々試行錯誤中

ジャパンカップのラップ推移と感想

ドスローの中でL3から綺麗に加速していく形のスパートになっている。

L1の落としも非常に少ない。

 

ほとんどの馬が余力ある中で非常にタイトな直線。

外国人ジョッキーの手腕がもろに出たレースになりました。

特にヴェラアズールのムーア騎手は、内の密集してるところを冷静に追い出しを待っての最後差し切りは上手いの一言。

英国の少頭数競馬でトップに立ってる腕をまざまざと見せつけましたね。

 

シャフリヤールは2400が最高に向くみたいです。

個人的にスローだから今回も怪しいと思ってましたが、2400で綺麗に加速していく展開だと末脚勝負でも十分トップクラスということでしょう。

しっかり控えるように指示したであろう陣営の勝利でもありました。

 

デアリングタクトは高速府中で大幅に上昇です。

府中は絶対合うと思ってたけど、ここまでの瞬発力を未だに発揮できるとは驚きでしかありません。

ここ最近のG1成績を見ると、外国人騎手と日本人騎手の折り合い能力ってかなり差があるんじゃないかと言われても仕方のない結果になっています。

 

ダノンに関してはダービーと同じような負け方でした。

前走はがっつり抑え込む競馬をしましたが、今回は積極的に少し出して仕掛けも早かったですね。

秋の成長を期待したんでしょうが、天皇賞秋は特殊なL2スローレースなだけあって、春の弱点はそのまま残っていたようです。

 

外国勢に関してはL1が104.13%で10年からのデータだと一番高く、L1の落としもほとんどないという最悪の展開になりました。

オネストはどん詰まり、グランドグローリーも上手く外出せなくて下手な騎乗ではありますが、こういう競馬になること自体が瞬発力不足でもあると思うので、まあ力負けと認めざるをえない結果ですね。

個人的に前受するシムカミルに期待してたのですが、結局アウェーの中で自分から積極的に動くわけにもいかないので、こういう前受けタイプはJCじゃどうしようもないのだとわかりました。

そもそも化け物クラスだったはずのエリシオですら微妙だったのにこのクラスに期待するのが馬鹿だった。

 

あと、オネストとグランドグローリーが共にゲートからきっちり出たのにはびっくりしました。

欧州で追い込みしてるからって日本でポジション取れないってのも違うようなので今後も難しい予想になります。

 

 

ジャパンカップの展望、ユニコーンライオンの京都大賞典からヴェラアズールを見る

ユニコーンライオン

DERBY ROOM | 個別ラップ閲覧サイト derbyroom.jp

京都大賞典は惨敗でしたが、テンで12.08というとてつもないタイムを叩き出していました。

この馬の逃げの特徴は、先頭に立って絡んでくる馬がいないとすぐにスローに落とすですね。

京都大賞典は前述の通りイレギュラーで、福島記念が本来の姿であり衰えも特に感じません。

ただこれだけテンのスピードがある馬が東京2400で勝つ気はさすがにしないな。

 

話は変わりますが、京都大賞典を改めて見直してみて、ヴェラアズールの評価落としてみようかなと思っています。

ボッケリーニまで12.76で入るような特殊レースで、そこを上手くいなして13.25入ったヴェラアズールにかなり有利に働いたんじゃないかと。

 

京都2歳Sのラップバランス

京都2歳S

今年は3F、4Fまできっちり流れた結果もあって、最後ラップが上がらない展開となった。

2歳馬としてはタフな流れで、今後の選別につながるレースになったと思います。

 

グリューネグリーンはタフな流れを引っ張って勝ちきったので評価できるけど、トップナイフ、ヴェルテンベルクは4コーナーで大きな不利を受けているので普通にやったら差し切ってたはず。

グランヴィノスは特に何もなく負けているので現状追走力が足りていない。

ジャパンカップの展望、グランドグローリー

DERBY ROOM | 個別ラップ閲覧サイト derbyroom.jp

フランス勢の中じゃ一番条件は合わないんじゃないでしょうか。

去年は5着と好走していますが、キセキが途中から動いてL1の落とし幅が大きかったこと要因だと思っています。。

こういう落としが大きい年に、この馬の後半3Fは11.4-11.41-11.5とほとんど失速してないはすごいのですが、逆に言うとL2で瞬発力がなさすぎると言えます。

去年はL5から動いてるけど、平均で見るとL4からなので、誰かが途中から動いてくれないと瞬発力不足がより際立つ結果になりそう。

 

この馬のポジティブなところは意外とテンのスピードあるんじゃないかということです。

追い込み馬の印象あったんですが、昨年のJCはポジションを積極的に取らなかったのにそこまで出が悪くありませんでした。

改めて調べ直してみたら、若い頃は逃げたこともありますし、20年のヴェルメイユ賞や21年のオペラ賞でもきっちりポジション取れてるんですよねこの馬。

陣営が中段のポジション取ると言ってるみたいなのですが、昨年より一つポジション前で邪魔なく外差しができればより面白くなりそうです。

 

まとめ

誰かがレースを途中で動かしてくれないとキレ負けしそう。

ジャパンカップの展望、シムカミルが外国勢で一番良いと思う理由

AW時代は瞬発力がほとんどない重い馬という印象でしたが、今年の芝変わりの2300mの条件戦から馬がガラッと変わりました。

 

この馬の最大の魅力ですが、テンから結構速いということです。

パリ大賞でも14.71と馬場差があるにも関わらずJCの上位5頭平均と同じラップでは入れていて、2F目も11.54とかなり速いラップを刻めています。

欧州馬の何が嫌かって日本の追走ペースに戸惑って終わってしまうことなのですが、この馬は欧州でも速く入っているのでそこは安心でしょう。

 

とはいえ瞬発力なさすぎたらさすがに買うの嫌なのですが、シムカミルは条件戦、リス賞ではL2最速出してるんですよね。

ちゃんと緩んだら速い脚使えるので、極端に瞬発力ない欧州馬という感じでもないです。

 

あとパリ大賞で見せたL1で踏ん張る能力、ニエル賞の超ロンスパ展開で押し切る能力と、どんな展開でもパフォーマンス高く保てるオールマイティーさがあるのも安心材料でしょう。

 

自分的にはニエル賞見てからずっと良いなと思ってたわけでして、今回最内枠ゲットとこれ以上ないぐらい条件が向いてきてワクワクしています。

これはもう外すわけにはいかないという気持ちです。

 

不安な点はブノワかな。

短期経験あるにせよ日本競馬で前目でコントロールするのは簡単じゃないですからね。

極端なスローに付き合ったりするとさすがに良さが出ないと思います。

 

まとめ

テンからポジションを取れる。

重賞のリス賞でL2最速を出しているので極端に重たいタイプでもない。

L1踏ん張る能力も際立っている。

不安な点は騎手日和ってポジション取らずないことと極端なスローに付き合ってしまわないか。

ジャパンカップの展望、オネストの瞬発力とテンの遅さ

全レースの映像とラップを見たけど、とにかくこの馬は欧州馬とは思えないぐらい瞬発力があります。

JCに来た強い馬というとデインドリームコンデュイットがいますが、この2頭より切れ味という点では上なんじゃないでしょうか。

末脚は日本にかなりフィットするタイプだと思います。

 

ただ最大の問題点がありまして、スタートがいくらなんでも遅すぎますねこの馬。

このタイプは日本式のラップだと14秒前後で出るタイプだと思います。

単純計算だと5着以内に入ってる平均値より0.5秒以上はスタート遅く出る可能性のが高い。

0.5秒以上ロスすると普通に考えたら勝ち負けするの無理なんですよね…

2番枠ですが、この手のタイプが内枠もらってもたいして意味ないんじゃないか思ってしまいます。

 

良い材料は、ポジションの重要性を理解しているJRAルメールジョッキーが乗ることと、ダノンベルーガやシャフリヤールのような人気どころが外に行かされてしまったことですね。

日本馬の有力どころに枠の優位性がないとなると、低いレースレベルでこの馬が一気に差し切る可能性もあるかもしれません。

 

まとめ

瞬発力、末脚の力強さは過去10年の招待馬で頭2つぐらい抜けてそうな雰囲気。

追い込み馬なのでスタートで終わってしまう可能性もそこそこある。

ルメールジョッキーがどう乗るか。

ジャパンカップの展望、ヴェルトライゼンデ、デアリングタクト

DERBY ROOM | 個別ラップ閲覧サイト derbyroom.jp

ヴェルトライゼンデ

AJCCの不良ロンスパでも2着に入っているし、差し競馬としては結構安定している方。

 

気になるのは前走全く駄目でデアリングタクトにも先着されたのと、1F11.77の鳴尾記念で最高のパフォーマンス示したことですかね。

菊花賞でも全く良さが出なかった過去もあるし、単純に2000m以下がベストな馬という気もする。

血統的にも府中2400がばっちり合うタイプでもない。

 

でもさすがに3番枠は絶好すぎるので外せなくなってしまったんじゃないでしょうか。

 

デアリングタクト

復帰後に好走してるのは府中のヴィクトリアマイル、高速馬場だった宝塚なわけで、前走の重馬場内回りからは一応条件は好転しそう。

 

ただ3歳秋以降は瞬発力がどんどんなくなって馬力型になっているので、今回のようなスロー濃厚の府中が合ってるかと言えばまた微妙な気がする。

 

20年のJCみたいに、上がり3Fで極端なギアアップしない展開ならまだ高いパフォーマンスできる可能性はありそうだけど、今回はすぐに緩めるユニコーンライオンが逃げなのは良くない。

 

ただ今回の8番枠はきっちり差す競馬するにはなかなか良い枠だと思う。